Home • 痛みが少ない脱毛と痛みがない脱毛の違いは

痛みが少ない脱毛と痛みがない脱毛の違いは

 - 

痛みを感じたら苦痛でしかない

痛みがあるかないかは脱毛したい人からしてみれば重要なことですよね。少し苦手な痛みと言っても、人それぞれ感じ方が違うので、ニュアンス次第では思っていたのとは違うと苦情を言いたくなることもあるでしょう。しかし、痛くないと言われれば誰が受けても同じになるので安心できますよね。では、痛みがある治療とない治療では何が違い、どういう特徴があるのでしょうか。リスクが小さくてお得な方法はどんなやりかたでしょうか。

光脱毛かレーザー治療かそれとも・・・

エステサロンで行われている脱毛は、光脱毛が主で痛みが少なからずあります。黒い色に反応して毛根細胞を破壊するやり方なので、チクチクするような痛みがあります。また、医療機関でしか扱えないレーザー脱毛であっても、直接毛根細胞を破壊するので、これも痛みが伴います。しかし、麻酔をすることで痛くない治療を行うことは可能です。麻酔を使わないで痛くない治療はないのでしょうか。少ない場所ですが無痛脱毛は行われています。

その名もハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛って何?と思うかもしれませんが、今までと違う脱毛方法を行っているエステサロンのコース名です。毛根の生え変わるタイミングで、新しく生える毛を抑制することできれいにするやり方です。実際に毛根を焼くやり方ではないので痛くないのです。時間がかかりそうと思うかもしれませんが、脱毛サロンも一度じゃ終わりません。そもそも複数回通うのであれば同じことです。体に負担を小さくした新脱毛法を試してみてもいいのではないでしょうか。

脱毛は、加齢や病気、ストレスなどで発生します。ストレスの場合、環境が改善すれば髪は再び生えます。加齢すると男性ホルモンのアンドロゲンが原因で発生します。