Home • 脂肪注入とインプラント挿入を合体させた方法とは?

脂肪注入とインプラント挿入を合体させた方法とは?

 - 

ハイブリッド豊胸とは…?

脂肪注入豊胸の場合は脂肪が時間とともに体内に吸収されたり、しこりができやすい欠点があります。そしてインプラント挿入術の場合は、効果は半永久的に続くものの被膜拘縮が起こるとバストが硬くなるなどのデメリットがありますよね。この二つの方法のいいところを活かしつつ、デメリットを解消することを目指したのがハイブリット豊胸なのです。豊胸効果の持続期間が長くて、それでいて自然な柔らかさも実現するという新しい方法ですね。

インプラント挿入がベース

ハイブリット豊胸は、インプラント挿入法を基本にしています。患者さんの脂肪を後で加えることで、形やサイズを調整することができるのです。脂肪は最小限の注入になりますから、しこりや石灰化が起こる可能性がその分低くなっています。注入箇所もしっかり検討して決定するので、脂肪が吸収されやすい上の方メインに入れてもらったりなど、自分好みでカスタマイズが可能です。新しい脂肪注入法なら脂肪の定着率も高くなっていますよ。

痩せている人もおすすめ

痩せていて脂肪が少ない人は、脂肪注入では少しずつしかサイズアップができませんでした。そのため大幅にサイズアップを希望している患者さんにはインプラント挿入が優先されがちだったのですが、皮下脂肪が薄い人向けの挿入法だとインプラントが身体から浮き上がってしまう恐れがあるという欠点もあったのです。でもハイブリット豊胸なら、インプラントのラインが見えそうなところを脂肪でカバーしますから、不自然さもないですし、痩せていても好みのサイズにしやすくなったのです。

美容整形は、なりたい自分になる為の女性にとって永遠の美です。一度きりしかない人生。コンプレックスを抱えている方はとても良いです。